toggle
2020-03-01

沈みかけの船

日本の経済はオリンピックまでと言われていた。

かつてのオリンピック開催国の全てがオリンピック後の景気落ち込みを経験しているデータがあるからだ。

さらに今回のコロナウイルス騒動でさらに状況は芳しく無い。

ただでさえ、潜在成長率0%など目を瞑りたくなるような経済のデータがたくさんある中だ。

そういった状況ではマクロのレベルにおいては明るい希望を持つことは難しいだろう。

だが、だからこそ今求められるのは小さい共同体内での結束だ。利己主義にあふれた社会とは離れた場所である種の聖域を作ることでそこから未来に希望をつなぐのだ。

いつまでも沈みかけの船に乗っていてはいけない。

定京俊樹


スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

Amazon kindleにて自身の著書を出版しました!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。