toggle
2017-07-01

甲野善紀先生の稽古に参加してきました

こんにちは。定京俊樹です。

今日は丁度一年前ぐらいからお世話になっている甲野善紀先生の稽古に参加してきました。

甲野善紀先生は「古武術研究家」というかわった肩書きを持っている方でご自身では自分がやってる事は創作武術に近いという事をおっしゃられていました。

古武術研究家といっても実際甲野先生は幅広い分野で活躍されています。

一番有名なのは、15年以上前の話になりますが当時怪我などの影響で成績不振に悩んでいたジャイアンツの桑田選手に古武術的な身体の使い方を指導していた事です。そのお陰もあってか、桑田選手は見事復活し最優秀防御率賞を取られるまでになられました。

他にも、剣道や柔道などの武道はもちろん、サッカーや卓球、ラグビーといったスポーツやまた、音楽家の方とも交流ももたれているようで本当に多岐に渡って活躍されているそうです。

そういった活動の中で様々な状況ので身体の動きを試行錯誤をされ、アドバイスを送られたりしていると新しい発見やご自身の身体の動きの変化がとまらないという事をおっしゃっていました。

僕自身も今まで体験した事の無いような技をかけていただきとても貴重な体験になりました。

やはり、いつも同じ分野の方と一緒にいて練習をしているとどんどん思考が固まっていってましまいます。

そうすると今目の前に見えてる大きなヒントを見失ってしまうでしょう。

脳は楽をしたがるのでどんどん固定化に成功したある一定の動きしか出来なくなっていってしまいます。

特にスポーツなどの場合は一度癖になってしまった動きを直す事は簡単じゃありません。

どんどん動作の無意識化が進んで行ってしまうからです。

 

様々な方々と交流を持ち脳に負荷をかけ続けるのはとても大切な事なのです。

 


スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

Amazon kindleにて自身の著書を出版しました!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。